お笑い・バラエティ

有吉弘行SNSで『怒り新党』AP鹿島“お菓子ちゃん”とやりとり 『水の波紋展2021』の風景に返した「だな。」の真意は…

有吉弘行って売れっ子で超多忙なうえに夏目三久との新婚生活もあるだろうに、Twitterでアンガールズ・田中卓志やアンジャッシュ・児嶋一哉をはじめお笑い芸人の写真を投稿したりRTして応援したり本当に熱心ですよね。

有吉が珍しく鹿島望さんのツイートに「だな。」と返していたのを見つけた時は「どこまでアンテナ張ってんだろう!」とさらに感心しました。鹿島望さんは『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でAP(アシスタントプロデューサー)を担当しています。

画像は『鹿島 望(wooonderwall)2021年8月11日付Twitter「美容室の帰り」』のスクリーンショット

『マツコ有吉の怒り新党』時代からADを務めており、マツコ・デラックスと有吉弘行の前に置かれている菓子鉢のお菓子を準備する二代目“お菓子ちゃん”と呼ばれていました。滅多に表には出ないけど一部のファンが注目していたものです。

2017年11月1日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』ではADから出世して「AP鹿島」で登場。「花嫁のお色直し着放題」企画でウェディングドレスや花嫁衣装姿を初披露しました。あれから3年以上経ちますが、ツイートの感じでは相変わらずお元気そう。

AP鹿島“お菓子ちゃん”望が見た『水の波紋展2021』と有吉弘行が返した「だな。」の風景

鹿島望さんが8月11日に「美容室の帰り、水の波紋展2021のパブリックアートちょっと見て帰ってきた オリパラのもまだあるから青山は今大アートシティ」とツイートしたのは、1995年に東京都・青山エリアを中心に開催された『水の波紋95』展を復活させた『水の波紋展2021』のアート作品です。

街でよく見かけるタイムズパーキングの黄色い看板を並べた巨大アートに対して有吉弘行が「だな。」と投稿したのは、空き地のような殺風景な壁沿いに旅行で使うようなキャリーケースがずらりと並ぶ風景。しかもキャリーケースの上部には穴が開いていてゴミ箱に改良されているのかも。

このキャリーケースのオブジェですが『水の波紋展2021』を紹介したサイトを見ていたらありました。「石毛健太《Alien Carrier》」というアート作品のようです。有吉弘行はもちろんそれを分かって鹿島望さんのツイートに「だな。」と返したわけで、ますます「どこまでアンテナ張ってんだろう!」と驚きました。

鹿島望さんも有吉のツイートを受けて「青山にいっぱい花が咲きますね!」とコメントしていて、いつものお笑い芸人とのツッコミ合戦とはまた違ったほのぼの感があってよきでした。

画像は『有吉弘行(ariyoshihiroiki)2021年8月11日付Twitter「だな。」』のスクリーンショット

 

画像は『鹿島 望(wooonderwall)2021年7月9日付Twitter「満点良サムネ」』および『鹿島 望(wooonderwall)2021年8月11日付Twitter「美容室の帰り」』および『有吉弘行(ariyoshihiroiki)2021年8月11日付Twitter「だな。」』のスクリーンショット